プロフィール

yukka17

Author:yukka17
湘南出身、現在東京都在住。
結婚して半年ほどで赤ちゃんを授かることができました♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ペット

FC2カウンター
FC2アフィリエイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
抜け毛

006-1.jpg

006-2.jpg

006-3.jpg



美容師さんから出産の前後の抜け毛について聞かされていたのですが、実際、出産翌日のシャワーを浴びてその抜け毛の量にびっくりしました。髪の毛がどっさり抜けた・・・。出産の前後でホルモンのバランスが変わるから抜け毛するらしいです。ダンナさんに言うと、出産する前からなんとなく少なくなっていることに気づいていたとのこと。人にもわかるぐらいだから結構な量なんだろうだと思います。

ドライヤーで乾かしてもペッタリ。ボリュームはなかなか出ません。でも広がりやすい髪だったからちょうどいいかな。扱いやすいしこのままでもいいような気がしてきました。とはいっても、出産前後の抜け毛は産後1~2ヶ月で元に戻るそう。赤ちゃんがいても、ちゃんとセットしてきれいにしよう~と思いました。
スポンサーサイト
産後  |  Comments:(1)  |  Trackback:(0)
血圧

005-1.jpg

005-2.jpg

005-3.jpg



入院中、先生は特に血圧に注意してました。1日6回測るのですが、1回でも高いと「血圧高いね~」と言われます。それというのも、血圧が高いと胎盤に栄養が行きにくくなり、赤ちゃんにも栄養がおりていかなくなるからということのようです。上の値よりも下の値が徐々に上がっていくような状態が良くない傾向とのこと。

安静にすれば血圧は下がるはずなのに、私は入院してから段々週数を重ねるごとに値があがってきてしまいました。しかも一番驚いたのが出産の当日。上の値は150以上になり、かなりの高血圧になりました。「今日はかなり高めですね・・」と看護婦さんと言っていた夕方に破水したのです。陣痛中も血圧が心配なので自動血圧計をずっと巻いていました。なんと出産直前には170にもなったほど。

でも出産したら1日ぐらいで元の血圧に戻りました。どの妊婦さんも出産直前はあがり、産んだら下がるということです。それだけ出産はストレスが高いっていうことなのかも・・。血圧が高くなってきたら出産が近づいてきた証拠かもしれません!

ただ、私は妊娠を境に血圧が高めの体になったと診断されました。退院前の診察では「今は大丈夫だけど20年後に症状が出るかもしれないから、薄味の食事を心掛けてね」と注意されました。その後の体調まで変えるんだから、妊娠や出産がいかに大きな変化なのか身にしみました。。
産後  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
出血

004-1.jpg

004-2.jpg



出産が終わると、子宮は収縮をしながら元のにわとりの卵くらいの大きさに戻っていきます。その時、出産のときについた傷や残った胎盤が外に出されることで出血をしますが、2週間もすればその量も落ち着いてくるようです。なのに、私は退院してもなかなか出血が収まらず、それどころかどんどん出血量が増えていってしまいました。病院からもらった案内では「鮮血がダラダラと続いたり、血の塊がでたら連絡してください」との記述。とうとう鮮血がダラダラと止まらくなり立っていることさえ辛くなった日、すぐに病院に連絡すべきか明日の外来を受診するか・・と迷っていたところ、ダンナさんに背中を押され、やっと病院に電話をかけたのでした。

すぐに診察してくれて、子宮の収縮が悪く血が溜まっており、胎盤も残っているとのこと。診察のときに残った胎盤を取ってもらい、子宮の収縮を促す点滴を受けました。溜まった血や残った胎盤がすべて外に出れば、出血も落ち着くようです。ようやく次の日から出血も減ってきたのです。

お腹の張りの時もなかなか病院に電話をかけるのを我慢してしまった私。今回も懲りずにまた夕方まで我慢してしまった・・。先生からは、まだ出血が止まらないようであればいつでもいいので連絡してくださいね!というお言葉。おかしいと思ったらすぐに連絡したほうがいいのですがどうもしにくいんですよね。。ともかく、出産した後も、体調は変化しやすいので出血が増えたらすぐに電話したほうが良さそうです!
産後  |  Comments:(2)  |  Trackback:(0)
食事制限

003-1.jpg

003-2.jpg

003-3.jpg



ひとつとても後悔していることがあります。それほど体重が増えなかった私は妊娠中に特に食事制限がありませんでした。でも病院の食事は結構量があるし、ケーキとか甘いものを食べる余裕がなく生まれたら食べよう~と思っていました。それに、陣痛の間はなーんでも好きなものを食べても良いと聞いていたので、ここぞとばかりに色々ダンナさんに陣痛の間に食べるものを注文して、それを少し楽しみにしていたりしました。でも、私の出産はスピード出産。陣痛の間に食べる余裕なんてまったくなく、そもそも帝王切開の可能性もあったので飲食は止められてしまいました。

ようやく出産が終わってとひと息つき、翌日から搾乳が始まりました。そこで助産師さんから「授乳中は、乳腺炎を起こす甘いものやお餅、油っこいものは口にしないでね!」とのお達しが。私の乳腺は細いらしく、一度つまると乳腺炎になりやすいらしいです。乳腺炎になると乳房がすごく痛くて高熱が出てしまい、症状がひどくなると切開する必要もあるらしいです。食べ物の影響は大きく、ケーキひとつ食べただけで乳腺炎になる人もいるとのこと!母乳は血液からできているので、血液の流れを悪くする食べ物は基本的に摂らないほうが良いみたいです。

生んでから、こんなに食事制限があるとは思いませんでした。しかも妊娠のときよりも厳しい気がする・・。お正月もあるのにお餅を食べられないなんて。今になって、妊娠中にもうちょっと甘いものを食べておけばよかったかもと思っています。
産後  |  Comments:(3)  |  Trackback:(0)
2時間の自由時間

002-1.jpg

002-2.jpg



母乳がでるように3時間おきに搾乳していますが、1回搾乳するのに準備や後片付けを含めると1時間くらいかかります。そのため搾乳と搾乳の間の2時間が私にとっての自由時間。1日中続くので、自由時間は2時間が8回に区切られています。そのこま切れの時間のなかに、病院・家事・食事・入浴・睡眠をいれるのは、結構大変。何かひとつが遅れると搾乳のサイクルも狂ってしまいます。

睡眠のほうは、ホルモンができているのか、こま切れの睡眠でもなんとか満足できます。たった1時間しか眠る時間がなくてもすぐに眠りにおちることができて、ぐっすり。逆に搾乳の時間になると、夜中でもパッチリ。

でも、今は搾乳だけすればいいけど・・、赤ちゃんがきたらお乳をあげるだけでなく、あやしたりお風呂いれたりおむつ替えたりするんですよね~。今だけでも手一杯なのに、それを想像すると、本当にママって忙しそう。家事とか、自分のことする時間なんてないんだろうなぁ・・・。
産後  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
別の張り

001.jpg

001-2.jpg



出産してこれでやっと痛みから解放されると思ったのもつかの間、2日間くらい会陰切開の傷が痛く、そのあと胸が張って痛くなりました・・。胎盤が出ると同時に作られる母乳。最初は搾乳して少ししか出なかったので心配しましたが、「3時間おきに搾乳すれば脳に指令がいって作られるようになるわよ!」という助産師さんの指導に従い、せっせと搾乳しました。

そしたら一気に作られはじめ、産後4日目あたりからパンパンに!これは産後3~4日から出る症状で、急に母乳が作られることで乳房全体に母乳用の血液が集まってことからくるらしいです。これが本当に痛かった・・。こんな痛みが待っているとは!痛くて下を向けないし、眠れないぐらいです。

これを緩和するのはまた「3時間おきの搾乳」。急に作られた母乳を1回搾りきれば、体全体に血液が回って、張りすぎの状態が緩められるとのコト。朝もお昼も夜中も3時間おきに30分から40分かけて搾乳して・・・、やっとパンパンに張った状態から脱しました。それでも3時間がたつころには痛くなるのですが、前よりはまし。

赤ちゃんが33週とかで生まれると消化する機能や、飲み込む機能がまだ作られていないため、授乳することはできず搾乳を続けています。直接赤ちゃんに吸ってもらうよりも、搾乳の場合は刺激が少ないので、3時間おきの搾乳を忘れるとすぐに母乳が出なくなってしまうらしいです。赤ちゃんに授乳できるその日まで、「3時間おき」を忘れないようにしなきゃ!
産後  |  Comments:(5)  |  Trackback:(0)
退院しました!
11月2日から27日間の入院生活を終え、自宅に戻ってまいりました!安静時にはあれほど退院したかったのにいつの間にかその生活にも慣れてしばし感慨深かったです。保育器の赤ちゃんと離れるのが寂しいけど、毎日来るから!と気をしっかり持ちました。わが子は2000グラム以下の低体重のため、24時間体制で赤ちゃんを見てくれる新生児集中治療室に入っています。退院の目安の一つとして2300グラムという値があるそうで、それには1ヶ月ほど入院する必要があります。ここにはいろんな事情がある赤ちゃんがいて、みんな赤ちゃんもママもがんばっているんだな・・と思いました。今できることは、赤ちゃんにせっせと母乳を運んで少しでも早く大きくなってくれること。寂しいなどと言うよりも赤ちゃんと一緒にがんばろうという気持ちでいこうと思います。

それにしてもやっぱり自宅は落ち着くものです。ダンナさんにもだいぶ不自由をかけてしまいました。1ヶ月いないのは寂しかったと思いますが、毎日様子をみに通ってくれて、大切なときにはすぐ側にいてくれたことはとても心強く、本当に感謝しています。今回の出産を通して価値観や考え方とかも変わった気がする・・・。本当に子供を産むってすごいことですね。ということで、このブログも「楽しくマタニティライフ」から新たに「楽しく子育てライフ」へ変更していこうと思います!へたっぴなイラストも再開します~
産後  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
広告スペース









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。