プロフィール

yukka17

Author:yukka17
湘南出身、現在東京都在住。
結婚して半年ほどで赤ちゃんを授かることができました♪

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ペット

FC2カウンター
FC2アフィリエイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
妊娠初期の出血 ~アドバイス対処法~
3-4-1.jpg

3-4-2.jpg

3-4-3.jpg



以前にも出血について記事[コチラ]を書きましたが、妊娠10週目になって初めて出血を経験した後、2回ほど同じような出血がありました。1回目の出血があった後1週間会社を休み、会社に出社した直後にまた出血(このとき妊娠11週)。それから2日ほど休んで、週末に友達の結婚式に参加したら、その夜(妊娠12週)にまた出血。いずれも少量で色は茶褐色で、一晩寝たらすぐに止まりました。

その出血を経験中に、病院を変えたのですが、先生によって随分診断内容が違うことに驚きました。1回目の時はそれまで通っていた産院施設がない病院で、出血のことを告げるととてもピリピリして、会社もすぐに休んで絶対安静!と言われました。でも、ちょうど3回目の出血の時、産院施設がある大きな病院で診断してもらったら、色も量も心配するほどでないから今まで通りの生活で大丈夫です、という診断でした。

いずれも内診してもらったのに、なぜこれほど出血に対する反応が違うのかというのは、恐らく病院のタイプの違いかなぁと思います。というのも、前の病院は産院でなく専門は不妊治療だったためマイナスの出来事に身構えて受け取るけど、後の病院は何人も出血した妊婦を見てるので経験値から余裕もって判断できたのでは・・と。

やっぱり先生の診断によって随分こちらの気持ちは変わるもので、3回目の時は細かい説明を受けることもできたし落ち着いて出血のことも受け取ることができました。会社も普通に通い、出血もそれ以降起こらなかったのですっかり安心をしたものです。

ただ、その時のことを姉に告げると、とてもとても心配されました。彼女は出血は経験したことがなかったため非常に驚いたようです。友達からは出血して結局生むことができなかったことも聞いていたようで、出血=最悪な事態と受け取っていたのです。でも自分としては3回も経験してやっとひと区切りついて安心していたところだったので、「もう大丈夫なんだってば!」という反応をしてしまい、ちょっと衝突してしまいました。家族ゆえの心配だったので素直に受け取ればよかった・・・と今では後悔しています。それ以降、アドバイスを頂いたら相手の思いやりに感謝して「ありがとう。考えておきます。」という返事をしようと思っています。
スポンサーサイト
妊娠3ヵ月  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
つわりで苦手になった食べ物

3-3-1.jpg

3-3-2.jpg

3-3-3.jpg



今日で妊娠22週に突入!ここ1週間ばかり食べた後に胸やけすることがあります。お腹が大きくなって胃を圧迫し始めているからかもしれません。まぁ、それでもつわりの時期の不快感に比べるとかなりましなのですが。

妊娠3ヵ月~4ヶ月のつわりの時期、食べても気持ち悪くならなそうなものないかなぁ~と物色をしにコンビニによく行ってました。ゼリー、ジュース、アイス・・・と一通り商品棚を見るのはいいのですが、カレーとチョコレートの棚だけはダメ!見るのもイヤ!食べてもないのに、その商品が置かれているのを見るだけでうぇ~となってしまいます。会社で子供がいる人に聞くと、その人の奥さんも妊娠中カレーがダメになったそう。油っぽいしスパイスがきいているので苦手になるんですかね。

つわりの時期を過ぎて、今はどうかと言うと、カレーを見るのは平気ですがまだ食べたくありません。チョコレートも進んで食べたいとは思わない。カレーとチョコレート・・・、出産したら食べれるようになるのかな。
(そういえば、昔観たキューバの映画で「苺とチョコレート」というとってもおもしろい映画があったなぁ~)
妊娠3ヵ月  |  Comments:(1)  |  Trackback:(0)
情緒不安定 ~熱中~

3-2-1.jpg

3-2-2.jpg

3-2-3.jpg

3-2-4.jpg


つわりはそれほど重くなく、食べれないとかもどすということはありませんでした。それでも、食べた後は気持ち悪くなり横になりたいことが多かったので、妊娠3ヵ月の頃は会社を休むことが度々ありました。

会社を休んで横になっているとボーッとしてふぬけの状態になってしまうので、そういう時に何をやるかといえば、レシピの印刷。食べると気持ち悪いくせに、根っからの食いしん坊なので「次何作ろうかなぁ」と考えるのが楽しく熱中しました。ネットで食べたいのが見つかるともうひたすら印刷してました。そうしていると時間が経つのも忘れ、気づいたときには気持ち悪さも取れていたりしました。

妊娠3ヵ月頃までは体調不良のせいか、イライラしやすかったと思います。でもダンナさんはそれに乗じず、冷静に対応してくれたのでケンカとかはしなかったです。本当に感謝感謝。

気分がすぐれなかったり、体調が悪いときには無理せずしたいことをすればいいんだ、と思ったつわりの時期なのでした。
妊娠3ヵ月  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
情緒不安定 ~出血~

3-1.jpg

3-22.jpg

3-32.jpg

3-4.jpg



それは妊娠10週目のこと。不安でしょうがない毎日に、とうとう「出血」という事態が起きてしまいました。
会社から少し離れたレストランでランチをした帰り、とにかく気持ち悪くなり一刻も早く横になりたい気分に。最悪な気分で会社について、トイレに入ると、なんと出血しているではないですか!すぐに早退して病院に行きました。「とにかく会社も休んで安静に、1週間後にまた来てください」とのこと。あまり説明してくれる先生ではなかったということもあるのか、原因を聞いても「無理をされたのでしょう」という返事・・、出血が止まるまではあまり動かないでくださいということを繰り返されました。

家に帰ってから2日ほどで出血は止んだのですが、心配でPCや本を読んで初期の出血に関するありとあらゆる情報を調べてみました。そうすると、実際にダメになってしまった人の体験談ばかり目に付いて、どんどん暗い気分になっていってしまったのです。

でも、こういう時はまずは出血しないために安静にするしかないのです。あまり情報ばかりにとらわれずに、まずはゆっくりしておくのが大事!ということをダンナさんに言われ、やっと落ち着く気分になれました。こうゆう時は、冷静な家族の意見を聞くのが一番。

1週間後病院に行ったところ、もう出血もないし、赤ちゃんもちゃんと育っているので問題ありませんでした。後で冷静になって調べてみると、初期の出血は量や血の色によって緊急度はかなり違い、私の場合はかなり少量で茶褐色の色だったので、初めから心配するほどのものでもなかったということがわかりました。原因は、ホルモンの関係や内診したときについた傷からというのがあるらしいです。

それにしても初めてのことだったので動転してしまいましたが、そういう時には悪い情報に惑わされやすいということが身にしみました。そしてダンナさんの存在が本当に心強く思いました。
妊娠3ヵ月  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
広告スペース









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。